大人のニキビは治りにくい&繰り返すのが特徴

思春期にニキビで悩んだ経験を持つ人は多いですよね。
思春期にできるニキビの主な原因は「成長ホルモン」。体内で過剰に分泌された成長ホルモンが皮脂腺を刺激することで皮脂量が増え、その結果、毛穴を詰まらせて雑菌が繁殖し、ニキビができてしまいます。
ただ、成長ホルモンは、大人になってホルモンバランスが整うと分泌されなくなるため、思春期のニキビは20歳くらいまでには徐々に落ち着いてくるもの。

ところが、大人のニキビの原因はもっと複雑。主な原因は肌のターンオーバーの乱れですが、このターンオーバーを乱れさせる要因がさまざまあるため、特定しにくいのが難しいところ。

複雑に絡み合う大人ニキビの原因

化粧品が肌に合っていない、肌が乾燥している、毛穴が詰まっている、などの肌環境も、ニキビを引き起こす原因のひとつといわれています。
特にニキビが気になると、一日に何度も洗顔をしてしまいがち。でも、度重なる洗顔は肌の乾燥を招きます。すると、肌は乾燥を防ぐために皮脂を余分に分泌するようになるため、ニキビがなかなか治りにくい肌環境に陥ってしまうのです。

食生活の偏り、睡眠不足などの生活習慣の乱れもニキビの原因になります。
特に食生活は大切。栄養が偏ると肌の免疫力がダウンしてしまい、ニキビの原因となるアクネ菌が繁殖しやすい肌環境を作ってしまいます。

さらに、ストレスも大人のニキビと密接な関わりがあります。
ストレスが多いと自律神経の緊張状態が続くため、ホルモンバランスが崩れて過剰な皮脂分泌を引き起こし、ニキビの原因となるのです。

意外なところでは、冷えもニキビの原因のひとつ。体が冷えると、血流が悪くなり、代謝も低下してしまいます。すると、老廃物がたまりやすくなってニキビの原因となるのです。

また、洗顔料のすすぎ残しなどもニキビの原因になるといわれています。

上記のような様々な原因が複雑に絡み合ってできてしまうのが大人のニキビ。しかも、一度できると治るまでに時間がかかったり、繰り返し同じ場所にできるのも大人のニキビの特徴です。

特に、あごに繰り返しできるニキビに悩んでいる人は多いですよね。
あごは男性ホルモンの影響を受けやすいため、ストレスなどでホルモンバランスが乱れると、男性ホルモンの分泌が活発になり、あごの皮脂量が増えてニキビを作ってしまいます。

同じ箇所に繰り返しできる大人のニキビ。適切なケアで負の連鎖を断ち切りたいところですが、大人の肌は思春期の肌に比べて皮脂量が少ないので、必要以上に皮脂を落としてしまうお手入れはNG。
肌に必要な潤いを残しながら、過剰な皮脂だけをやさしく落とし、さらに保湿と同時に炎症を抑えるケアが必要になります。

そんな大人のニキビのケアにおすすめなのが、ビーグレンの「ニキビケア」なのです。